HOME>特集>投薬治療で脱毛の抑制と発毛の促進の治療が可能です

目次

薬を飲んで治療をする

AGA治療

基本的な広島でのaga治療の方法は、投薬治療になります。薬は男性ホルモンの働きをコントロールする薬であるため、薄毛を促進してしまう酵素の働きを弱め、脱毛を抑制したり、発毛を促進するための薬を飲むことが基本の治療法です。

脱毛を防いで発毛を促進

AGA治療

通常、服用する薬は2種類あります。広島のaga治療専門クリニックで処方されているのが、脱毛を促進する男性ホルモンの働きを弱める薬、並びに発毛を促進するための薬を併用してaga治療を行うことが一般的です。

治療による副作用

AGA治療

広島のaga治療専門のクリニックで実際に報告された副作用を紹介します。男性ホルモンの働きを抑制する薬を服用することから、副作用として男性機能に影響が出る場合があります。性欲が減退したり、勃起機能不全が起きることがあることから、症状が現れた場合には服用を中止し、医師の指示を受けることが大切です。ただし、副作用が生じる確率は低いとされていて安全性が高いです。

専門クリニックと皮膚科の違い

AGA治療

agaの治療というのは自費負担となります。専門のクリニックと皮膚科で治療する2パターンがあります。広島の皮膚科では投薬治療が一般的ですが、専門クリニックの場合は、海外の強力な薬を用いた治療が積極的に行われています。

広告募集中